シゲズ サイミン スタンド

シゲズ サイミン スタンド – 1/5

世界水紀行('19/05/11再放送)で紹介された。
1950年代の創業。
店主のロス・シゲオカさんは創業者の孫。
ハワイのローカルフードのサイミンの専門店。
生地は小麦粉に卵、塩、カリウムを加えたもの。4回伸ばして麺にする。
製麺機は半世紀前の日本製。
1日に300〜400食は作る。
サイミンは20世紀初頭に日本人を中心とした移民たちの間でファストフードとして食べられ始めた。うどんと中華麺が合わさって生まれたとも言われている。
スープの出汁にエビを使うのが特徴で、こちらでは牛肉も使っている。
具は錦糸卵、ネギ、ハム、チャーシュー、鳴戸巻き。
サイミンは細い麺を意味しているとも言われているが、移民文化の混乱の中で生まれたため 定かではない。
地元っ子の間では、スープと位置づけられ、ハンバーガーと食べるのが定番。

# 未, 食堂, ラーメン, tv, アメリカ, ハワイ州, オアフ島

Comments

Write a comment

Already a member of Geospike? Login
We will email you if someone replies, but that's all.
Enter 84 in this box: (just checking that you're not a spambot!)